【無料】でプロ・インタビュアーに問い合わせてみる
A.I.P. journal
“A.I.P.Journalは、人の“思い”や“知見”が集積するインタビュー・プラットフォーム。インタビューイーが語るリアルなエピソードの中に、現代社会を生き抜くヒントを読み取ることができます。

【導入事例記事】介護現場のICT化。特別養護老人ホームの場合

2021年01月7日
福祉介護現場特別養護老人ホーム介護のICT化

介護施設の現場で頑張るスタッフとともに、よりよい明日を見つけるサイト「Dearie(ディアリー) あしたの介護へ」へのインタビューコンテンツの制作を担当。

今回は、東京都ICT補助金を活用し、ICTによるコミュニケーション、見守り支援、入浴介助業務の改善を実現した特別養護老人ホーム 泰山様を取材。設備導入のキーマンとなったお二人にお話を伺いました。

https://www.dearest-partners.jp/kaigo-jireisyu-004/

商品やサービスの優位性を具体的に表現する「導入事例」「お客様の声」「事例紹介」「プロジェクト・ストーリー」は、WEBマーケティングを展開する上で、もはや必須のコンテンツと認識されています。ユーザーの意思決定プロセスにおける感情の動きを克明に追ったストーリーは、読者の購買意欲を醸成に大いに役立つものです。経験豊富なプロ・インタビュアーを起用することで、読み物としても飽きないクオリティの高いお客様事例コンテンツを制作することが可能です。

また、現段階では一般的なメディアに取り上げられることの少ないベンチャー、スタートアップにとっては、その企業力を具体的かつわかりやすく発信できる手段は、それほど多くはありません。自社サイト内、もしくはブログやオウンドメディアを活用して展開する優れた事例紹介コンテンツは自社の事業を加速するツールとなり得ます。

インタビュー後記

購買検討期間における感情の動きまで克明に追ったストーリーを生み出すカギは、“ヒアリング力”にあります。不十分なヒアリングでは、奥行きのあるコンテンツの制作は不可能でしょう。それどころか、大切なクライアントへインタビューを実施する際にトラブルがあっては大変なことになります。やはり、それなりのスペシャリストを用意したいところです。クライアントへのインタビューを実施する場合、担当する営業マンが対応すると、どうしても内輪の雑談に陥りがちで、第三者目線に欠けてしまいます。私たちプロ・インタビュアーは業界人では気がつかない、一般目線の疑問や切り口から質問を投げかけ、誰が読んでもわかりやすい記録として仕立てていきます。 経験豊富なプロ・インタビュアーを起用することで、単なる事例紹介ではなく、読み物としても飽きないクオリティの高いお客様事例コンテンツを制作することが可能です。冒頭にクライアントの事業紹介を魅力的な形で据えることで、プロのインタビューを受けることの価値を理解していただければと思います。外部インタビューは、あくまで読者の目線にたってインタビューを行い、プロジェクト・ストーリーのようにドラマチックに描き、読み物としておもしろいコンテンツを制作します。

お問い合わせの前に

どんな分野に対応?どんな仕事を頼めるのか? プロインタビュアー伊藤秋廣・活用ガイド

お問い合わせ・お見積もり・ご依頼はこちら